トップページ > リハビリテーション

リハビリテーション

リハビリ室画像

 当院で行っておりますリハビリ治療は大きく分けて運動器リハビリテーションと物理療法があります。

 運動器リハビリテーションでは理学療法士によります関節や筋肉の運動機能回復訓練などを行い、物理療法では器械を用いて電気的に疼痛を軽減させたり患部の血行改善を図ります。

 では当院の充実した運動器リハビリテーションと物理療法機器をご紹介いたします。

 

運動器リハビリテーション

 当院では、常勤5人の理学療法士による、運動器リハビリテーションを行なっております。

 運動器リハビリテーションとは、怪我や年齢的な変化などが原因で、骨・関節・筋肉・靭帯・神経などを損傷した患者様に対し、日常生活動作の獲得や社会復帰などを目標として、種々の運動療法・物理療法・動作訓練等を行う治療方法です。

 怪我からの復帰、年齢的な変化による身体状態の改善、歩行の安定、転倒防止、寝たきり予防など、整形外科でしか出来ない医学的根拠に基づいた運動器リハビリテーションを行ってまいります。

 5名の理学療法士が、医師の指示のもと、患者様一人一人に最適な治療プログラムを立案し、患者様一人に対し担当理学療法士が一対一の個別リハビリを行う事で、個々にあったリハビリのゴールを設定し、疾患の改善、生活の質の向上を目指して治療を行なっています。

 整形外科専門機関による、しっかりとした個別リハビリで早期回復を目指していただきたいと思います。

※当院は完全予約・担当制のため、待ち時間等を気にせずご来院して頂けます。

 

 

ページの先頭へ戻る

リハビリ用の設備について

ウォーターベッド画像

ウォーターベッド
水圧マッサージを行う次世代ローラーベッド。全身を和らげ局部の疼痛緩和ができます。骨粗鬆症や円背気味の方も気軽に乗れる全身リラクゼーション治療器です。

干渉波画像

干渉波
周波数電流を用いて体内で干渉させ低周波電流を発生させます。筋肉・関節の治療に使用します。

低周波画像

低周波
低周波電流を神経や筋肉に通電してポイント的な疼痛緩和などに効果的です。

牽引画像

牽引
顎・胸・腰・各脊椎の圧迫を取り除き神経の障害を和らげます。また、椎間板にかかる圧力を減らすことでヘルニアの進行を防止する効果もねらえます。

レーザー画像

レーザー
深部筋の硬結部位や、リウマチなどの手指関節部位にスポットで照射し、疼痛緩和効果があります。

メドマー画像

メドマー
立ち仕事などによる脚のむくみやリンパ節切除によるリンパ浮腫の治療などに使用します。

中周波画像

中周波
筋肉の委縮防止や筋力強化を目的とします。(随意運動・抵抗運動)主に理学療法士が担当します。

マイクロ波画像

マイクロ波
高周波の電磁波で表面からより深く温熱を伝えます。血行改善・疼痛緩和を促します。

 

ページの先頭へ戻る

ひらやま整形外科クリニック

〒861-5271
熊本市西区中原町688-10
TEL.096-329-5000
FAX.096-329-9111

診療科目

整形外科・リハビリテーション科
リウマチ科・内科

診療時間

 
午前
午後 × × ×

午前/9:00〜12:00
午後/14:00〜17:30
水曜/9:00〜19:00(イブニング診療)
日曜/第2、4 日曜日のみ9:00〜12:00
休診日/その他の日曜、祝日

Copyright c HIRAYAMA ORTHOPEDICS CLINIC All Rights Reserved.